多彩の指南書

20歳女子大生があなたをインタビューをします

【第4回】【釜ヶ崎支援】福成優香さん 「怖い」から理解できる存在へ

 

f:id:leorina:20171106071237j:image

 

 今回インタビューさせて頂いたのは関西大学3年の福成優香さんだ。彼女は、大学生協の学生職員また学生団体「学生企画ネットワーク」の一員として様々な方面から貧困問題に携わっている。今回は釜ヶ崎での活動についてお話を伺った。

 

# 最後の砦「釜ヶ崎

 f:id:leorina:20171108181907j:image

  釜ヶ崎。ここがどのような街かご存知だろうか。最寄り駅はJR大阪環状線新今宮駅御堂筋線動物園前駅。駅を降りて少し歩くと、たくさんの野宿者や立ち並ぶドヤ簡易宿泊所)が見える。真昼間からワンカップ片手に歩いているおっちゃんたち、昭和を彷彿させる街並み、1缶50円の自販機。物価からまるで違うこの街は、初めて訪れた人には異世界に映るかもしれない。

(上の写真・あべのハルカス釜ヶ崎の対比に注目して欲しい。)

 釜ヶ崎に関する文章を読んでいると、釜ヶ崎「日本で唯一のスラム街」「日雇い労働者の街」などと表現されていることに気付く。

  しかしインタビューの中で、福成さんは釜ヶ崎「最後の砦」と表現していた。釜ヶ崎は人の流入が激しい街である。自分の街で生活が行き詰まった人たちが全国から支援を求めてこの街に集まる。

「西成までの片道切符を持ってくる人は結構いますね。以前沖縄から来た若い夫婦がいて、全財産がこれだけなんです、って1000円札1枚を見せてくれたんです。他にも遠くから来た人をみることも多くて。本当に最後の砦だと感じます」

  最後の砦「釜ヶ崎」開かれた福祉の街であるこの街を的確に表している。福成さんの言葉をお借りして、私はこう表現したい。

  

#「私とは考えが違う人」から身近な存在へ。 

f:id:leorina:20171108185202j:image

 前置きが長くなったが、ここから福成さんの話に入っていく。

 福成さんがこの街のことを知ったのは大学1年生の春だった。彼女は大学生協の学生職員として働いていたのだが、その事業の一環で貧困問題を扱うことになる。それは釜ヶ崎の貧困も含むもので、先輩の案内のもとこの街を訪れた。

―はじめて釜ヶ崎に行ったとき、どう思われました?

「怖かったですね、最初は怖いですよね。小学校の時にホームレスの人は本当はお金があるけど、ああいう暮らしがしたくてしているって聞いたことがあるんですよ。その時からだいぶ長い間そうだと信じてました。だから釜ヶ崎に行った時、自分とは違う世界に生きてる人たちが集まる街は怖いわあと思いましたね

その時やくざのお兄ちゃんも見かけたんですよ。昔はやくざに対して偏見が今よりもあったので、その道に入りたくて入った自分とは全く考えが違う人だと思ってましたね。衝撃でした。なんだここって。」

  彼女にとって初めての釜ヶ崎訪問は「怖い」と同時に興味が湧く「おもしろい」ものだった。説明を聞くだけでは釜ヶ崎で暮らす人の声が聞けないと思い、釜ヶ崎の支援に関わることを決意した。

 具体的な活動は、炊き出し見回りパトロール(野宿者の安全見守り)だ。炊き出しは寸胴2つ分、つまり400人分用意する。メニューはその日集まった支援の食料をもとに決めるという。カレーや中華丼が多いそうだ。

 f:id:leorina:20171109224221j:image

   そうした活動を通じて釜ヶ崎の人と話す機会も増え、野宿している人への見方も変わっていった。

「ボランティアして勉強するうちに考えは変わりましたね。野宿したりやくざをやったりしているのは、貧困に陥った結果、そうせざるを得ない人たちで。誰も望んでそういう世界に入ったんじゃないんだって。」 

   彼女が釜ヶ崎で出会ったのは、貧困と孤独の間で悶え苦しむおっちゃんたちの姿だった。

苦しさに耐えかねて何度も自殺を図ろうとするおっちゃんたちもいたという。それを目の当たりにし、彼らの感情に触れ合い、「怖い存在」から「理解できる存在」になっていった。

「自分だっていつどうなるかわからない。怪我をして仕事を失うかもしれない。だかからホームレスという状態が他人事に感じられなくなりました。野宿のおっちゃんたちと私の違いはないなと思っています」

 実際に福成さんは母親の病気や父親の不当解雇を経験している。それはより一層「他人事ではない」と感じさせる契機となった。

 

#  異端児として釜ヶ崎に関わる 

   私たちの社会では落ちやすい。 小さなことから底なしに落ちていく。だが這い上がるのは極めて困難だ。そのように彼女は語る。始まりは就職難・失業・病気・災害など誰にいつ起こってもおかしくない不幸からだ。しかしそのまま這い上がれずに、ライフラインを失っていく。貧困は暮らしの質だけでなく人との関係も奪うことを彼女は釜ヶ崎から学んだ。

   持てる者と持たざるもの。現在の資本主義経済では大きく2つに分かれてしまうのが宿命だ。しかしその皺寄せを際限なく一手に引き受けるのが彼らなのか。

「なんでこんな格差社会になっちゃったんだろうって思います。活動しててたくさんの人の犠牲の上に社会が成り立っていることに気づいたんです。なにも変えられてないのに、ボランティアで味噌汁とかおにぎり渡してるだけでいい気分になっている自分が急に気持ち悪くなって。」

   どのように釜ヶ崎に関わるべきか、根本的な解決ができない自分の立ち位置を迷いながら、彼女が出した答えはこうだった。

「誰かに頼まれて炊き出しをしてる訳ではないんです。だからあの街では異端児なんですよ、私たちは。貧困について勉強するために勝手に入ってやってるんです。そして野宿のおっちゃんたちも、私たちに救ってもらいたい訳ではないんです。でもおっちゃんたちや私たちで連携すれば一個でも落とし穴を埋めるために変えていけることあると思うんです。そういう繋がりを広げていけたら孤立することも減るかなって。」

   遠く離れた存在から身近な存在へ。丁寧に言葉を選ぶ福成さんの語りには、彼女が釜ヶ崎の人たちに誠実に向き合う姿勢が表れていた。

____________________________________ 

福成さんの参加する団体のイベントです。

興味のある方は是非!

告知【越冬闘争】
時:2017年12月28日〜2018年1月4日
場所:大阪西成区(釜ヶ崎)
内容:炊き出し調理・配食、見回りパトロールなど
連絡先:gakinet2017@gmail.com(学生企画ネットワーク)

_____________________________________

 

釜ヶ崎関係で私が好きな本等のリンクです〜!

 

 

 

ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書)

ルポ 最底辺―不安定就労と野宿 (ちくま新書)

 

 

祈りの現場

祈りの現場

 

 

 


『さとにきたらええやん』 予告編